卓上型ラビング装置『ラビング・ジグ MRG-100』

卓上型ラビング装置『ラビング・ジグ MRG-100』

卓上型ラビング装置『ラビング・ジグ MRG-100』

【ラボ向け】低価格ながら、上位機種と同等の配向処理を実現。小型・軽量で持ち運びも容易

『ラビング・ジグ MRG-100』は、ガラス基板・フィルム基板などの高精度なラビングが行える、開発・試作向けの装置です。

ラビングロール回転、試料台の移動はボリュームつまみ・トグルスイッチによって簡単に操作可能。

外形サイズ320×440mmのコンパクト仕様で、狭いスペースでも設置OK、持ち運びも非常にラクです。

【特長】
■ラビング押し込み量はテーブルの高さ調整で設定
■小型・低価格ながら高度な配向処理が可能

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

お問い合わせ カタログをダウンロード

価格

お問い合わせください

納期目安

お問い合わせください

中国国内在庫

お問い合わせください

対象業界

産業用機械・装置 

企業情報

株式会社イーエッチシー 株式会社イーエッチシー

製品・サービス特長

【仕様】
対象試料サイズ:最大100mm角基板
テーブル移動速度:最大25mm/sec(手動ボリューム可変)※前・後進の切替えはトグルスイッチによる操作
テーブル移動ストローク:約150mm
テーブル上下ストローク:10mm(マイクロヘッドで手動操作)
ロール幅:100mm
ロール径:φ48mm
ロール回転数:最大3000rpm、回転方向・回転数は個別スイッチ類で切替え
電源:AC100V
外形寸法:W320×D440×H276mm
(回転数・トルクデジタルメータはオプションでご用意しています)

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

用途/使用例

[用途]
ラビングといわれる手法はポリイミド等の配向膜が塗布されたガラス基板やフィルム基板を一方向に擦る処理のことである。
ラビング処理が施された配向膜に液晶分子が接すると、簡単にその方向に液晶分子が並び、光透過のON/OFFが可能になる。

[実績]
液晶ディスプレイ・センサ・応用機能膜の研究開発

カタログ

お問い合わせ

対応可能言語

日本語 英語

*は必須項目です。

*選択してください。

カテゴリ

ピックアップ

PAGE TOP